僕たちがやりましたでの増渕トビオ役の窪田正孝さんがかっこいいという噂を小耳にはさみました。

これは当然の如く、イケメン画像のチェックが必要ですね!

早速リサーチしました。

今回は僕たちがやりましたでのトビオ役の窪田正孝さんについてお届けします。

 

Sponsored Link
 

 

僕たちがやりましたでの増渕トビオ役の窪田正孝がかっこいい!

 

「僕たちががやりました」の主役トビオ役を28歳の窪田正孝さんが演じます。

高校生役でありながら、あまりにも自然です!

つまり、それだけ若いということですね。

「週刊ヤングマガジン」で連載されていたちょっとワルに憧れる高校生の面々。

なんとなく仲間とつるんでる、特に熱中している部活などもないけど、とりあえず仲間と楽しく過ごせればいい。

そんなちょっと偏差値低めの高校に通い、郊外の住宅街にいそうな高校生の日常を描いた「僕がやりました」に28歳の窪田正孝さんが主役の増渕トビオを演じます。

ちょっとベビーフェイスな窪田正孝さんが演じる高校生は、全然違和感ないと放送前から話題となっています。

 

僕やりの主役トビオ役の窪田正孝さんのイケメンぶりをじっくり見たい場合はコレ

 

 

窪田正孝さんとは!イケメン画像

 

窪田正孝さんは、1988年生まれの28歳。

ガソリンスタンドで働いており、自動車の整備士を目指していたが、母親の計らいでスターダストプロモーションのオーデションに応募して、在籍。

数多くのドラマ、映画、CMに出演しています。

過去の出演ドラマや映画「リバース」にも出演が決まっています。

どんな役柄なのか楽しみですね。

本を読んでいる方はもうお分かりでしょうか?

 

 

 

朝ドラ「花子とアン」の朝市が印象的

窪田正孝さんの印象を世間にぐっと印象づけたのは、

「アンと花子」の花子に思いを寄せる幼馴染の朝市役でした。

その後「朝市の嫁さん」と「アンと花子」と朝ドラからスピンアウトされたくらいですから、世間の印象は相当だったんですね。

 

デスノート」で更なる印象づける

演技が壮絶すぎる!

と話題になった「デスノート」主役の夜神月役キラを演じています。

ドラマが進むにつれて、顔芸、演技に凄みがありすぎる!

と話題になりました。

藤原達也と比べてみるのも「デスノート」の楽しみ方の一つ。

 

Sponsored Link
 

 

昭和の帝王唐沢寿明とのコンビが抜群な「ラストコップ」

 

唐沢寿明が昭和の香りをプンプンさせたコテコテなラストコップは、まだ記憶に新しいかと思われます。

この5月に映画にもなっております。オリジナルは、ドイツのドラマだったんですよ。

2010年にドイツのドラマでシーズン5まで放送されております。2013年にフランスでリメイクもされております。

やはり、昏睡状態で長い人生を奪われたり、過激なアクションが盛りだくさんとこれを日本版で演じられるのは、コテコテな唐沢寿明しか確かに思いあたりませんね。

そんなコテコテな唐沢寿明の部下に抜擢された窪田正孝さんもいつの間にか、アクションが様になり、アクションを生かしたCMも作られるようになりました。

この昭和丸出しの主人公とのコンビも、うまくこなしてます!

 

☆★こちらもどうぞ★☆

『窪塚正孝』関連の記事です!

 

 

まとめ

今回は『僕たちがやりました』の増渕トビオ役の窪田正孝さんのイケメンぶりについてお届けしましたが如何でしたでしょうか。

まとめますね。

■僕たちがやりましたでのトビオ役の窪田正孝がかっこいい!
⇒違和感全くなし!

■窪田正孝さんとは
⇒演技もうまいイケメンです。

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:僕たちがやりましたの市橋哲人役の新田真剣佑がイケメン!かっこいい画像

関連記事:僕やりのあらすじ感想とネタバレ☆原作漫画の最終回結末!トビオはどうなる?

関連記事:僕やりのロケ地や撮影場所はどこ?窪田正孝や真剣佑の目撃情報は?

『僕たちがやりました』関連の記事です!

 

「ラストコップ」で制服役を披露していた窪田正孝さんですから、『僕たちがやりました』も自然といけるのではないでしょうか?

つるむ仲間も永野芽郁さん、新田真剣佑さん、間宮祥太朗さん、川栄李奈さんと活躍している若手が集結しています。

コミックを読んだ方も読んでない方もぜひ、ご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

 

Sponsored Link