北御堂と南御堂の盆踊り2017!

この2つって日程、場所は違うの?

と思う場合もあるかもしれないので、

今回は、それぞれの日程はいつで開催場所はどこなのか

についてお届けします。

Sponsored Link
 

 

大阪のど真ん中、御堂さんの盆踊りは景品や抽選が盛りだくさん!

大阪のメイン道路の御堂筋沿いに北御堂があります。浄土真宗本願寺派のお寺さんです。

コンクリートの階段をのぼると、ホッとする空間が広がります。

建物がすごく都会のお寺って感じで格好いいんですよ。

同じく御堂筋沿いに、南御堂(難波別院)があり、どちらも古くから「御堂さん」の愛称で親しまれています。 

大阪で「御堂さん」というと、「北? 南? どっち?」と必ず聞かれます。

南北両御堂を結ぶ道は、この両御堂にちなみ御堂筋と呼ばれるようになったんですって。

御堂筋は大阪の大動脈ですからね。 

 

 

北御堂の盆踊り2017の日程はいつで場所はどこ?

先にご紹介するのは「第48回 北御堂 盆踊り」です。

楽しい行事や大人気抽選会! もちろん豪華景品がたっぷり用意されています。

 

開催日 

8月24日 木曜日

8月25日 金曜日

 

場所

北御堂(津村別院)

〒541-0053 大阪市中央区本町4-1-3

 

 

受付は、山門にて 17:15から。

盆踊りなのに受付? 不思議な感じがしますよね。

それには理由があるんです。

 

先着1000人に北御堂オリジナルうちわ&抽選券を配布するからなんです。

御堂さんのオリジナルうちわ、、、ご利益がありそうで、とっても欲しくないですか?

それに毎年大人気の抽選会!

 

これは前半と後半に分かれて行います。

では詳しいスケジュールもご紹介しましょう。

 

24日木曜日

17:15 受付開始
17:50 アトラクション
18:20 抽選会(前半)
18:45 盆踊り 岡橋 晃鸞
19:30 お勤め
19:45 抽選会(後半)
20:00 盆踊り 河内家菊水丸
21:00 終了予定

 

25日金曜日

17:15 受付開始
17:50 アトラクション
18:20 抽選会(前半)
18:45 盆踊り 千扇
19:30 お勤め
19:45 抽選会(後半)
20:00 盆踊り 河内家菊水丸
21:00 終了予定

 

毎年恒例の 河内家菊水丸の河内音頭、みなさんが楽しみにしている目玉イベントですね

大迫力の生演奏や、キッズに大人気のゲームコーナー、それに食い道楽の大阪人には絶対に外せない美味しい料理が満載の屋台も多数出店します。

都会の真ん中なので、交通の便は文句なし!

電車もタクシーも駐車場も徒歩5分圏内にたくさんあるので小さい子供さんや、じいじ ばあばが一緒でも混雑を気にせずにゆっくりと楽しむことができますよ。

 

 

 

南御堂の盆踊り2017の日程はいつで場所はどこ?

次にご紹介するのは「第55回 難波別院 南御堂 盆踊り」です。

楽しい行事や大人気抽選会!もちろん豪華景品がたっぷり用意されています。

 

開催日 

8月27日 日曜日

8月28日 月曜日

 

場所

難波別院(南御堂)

〒541 – 0056 大阪府大阪市中央区久太郎町4-1-11

 

 

なんと今年で55回目、終戦後焼け野原となった南御堂境内を利用し、1963年以降毎年開催されている、大阪最大級の盆おどりと言われています。

毎年、この日にちで開催されているのですが、それには大切な意味があるんです。

浄土真宗の親鸞聖人の命日は11月28日なので、毎月28日には法要が営まれます。

その法要は、当日に行われる「日中」と、前日に行われる「逮夜」があり、南御堂さんの盆踊りは27日、28日に行われることになっているのです。

 

そこで、みなさんが楽しみにしている盆踊りはどんな内容なのでしょうか。

今年は、先着500名様にお楽しみ券とうちわを進呈!

うちわも嬉しいけど、お楽しみ券? 本当に楽しみにしてもいいの?

実は、そのお楽しみ券は境内に出店している屋台で使うことができるんです。

話題のその屋台ですが、全国の美味しいものが大集結した食の祭典、「絶品縁日」から人気メニューが登場します。

北の大地北海道からはトウモロコシやじゃがバター、美味しい唐揚げのザンギを筆頭に沖縄の石垣ステーキやマンゴーかき氷まで、何が登場するかは当日までのお楽しみ。

グルメだけではありませんよ。こちらの盆踊りも生演奏で大迫力です。

北は北海道から、南は九州までの厳選された20曲が披露されます。

毎年、3500人を超える人出で賑わうのも納得の理由ですね。

 

ただ、少し今年は残念なことがあります。御堂筋に面している御堂会館が現在建て替え中なんです。

通常の入り口は、通りに面して正面に行けば誰にでもわかるのですが、今年だけは南の角を曲がった路地の入り口からの入場になるかもしれません。

わからないほどむづかしくない入り口です。

そのあたりを歩いている通行人に聞けば、きっと大阪人は親切なので教えてくれると思います。

 

Sponsored Link
 

 

まとめ

今回は、北御堂と南御堂の盆踊り2017の違いについてお届けしました。

 

まとめます。

■大阪のど真ん中、御堂さんの盆踊りは景品や抽選が盛りだくさん!
⇒北御堂の南御堂があります。

■北御堂の盆踊り2017の日程はいつで場所はどこ?
⇒・
開催日:8月24日(木)~8月25日(金)・場所:北御堂(津村別院)

■南御堂の盆踊り2017の日程はいつで場所はどこ?
⇒・
開催日:8月27日(日)~8月28日(月)・場所:難波別院(南御堂)

 

提灯で彩られる境内の中心にはやぐらが設けられ、踊り手の輪が2重3重にも広がります。

毎年、豪華ゲストが招かれます。それだけじゃあないんです。

美味しいものが大集合の屋台、景品が当たる抽選会や、ゲームコーナー、楽しみ盛りだくさんの盆踊りです。

もちろん子供も大人も十分に楽しむことができます。

大阪の中心地に位置する、2つの御堂さん。盆踊りの日程が微妙に違います。

 

普段は前を通ってもなかなか中には入ることがないですよね。

せっかくの機会です。

一度、訪れてみてはいかがでしょう。

 

 

 

Sponsored Link