キャンメイクのアイシャドウって人気です。

でも実際の塗り方とか初心者の場合だとコツが掴めないですよね。

そこで、わかり易い塗り方の動画がないか探してみました。

今回はキャンメイクのアイシャドウの塗り方についてお届けします。

 

Sponsored Link
 

 

キャンメイクのアイシャドウとは

キャンメイクのアイシャドウは、どんな口コミランキングを見ても、堂々の1位を獲得しています。

コスパ効果の高さ、他のメーカーにはないアイテム、発色の良さ、色持ちの良さなどがあげられます。

また、近くのドラッグストアやネットでも気楽に買えるのが魅力的です。

しかし、人気のあまり、ドラッグストアに行ってもお目当ての品がなかったりする事も少なくありません。

日頃から、ネットの情報など目を通しておきましょう。

 

メインカラーを使いわけて2種類のメイクが楽しめる♡「パーフェクトスタイリストアイズ」 新色14アンティークルビーは、この秋流行のこっくりレッド。メインカラーを右上の赤にすれば上品アイ、左下の赤にすれば色っぽアイに♡華やかに仕上げたい時には、中央のトッピングジュエル(ラメ)をたっぷりオン☆涙袋メイクにもオススメだよ! カラーバリエーション豊富だから、シーンや気分に合わせていろんなカラーを楽しんでね♪ #CANMAKE #CANMAKETOKYO #キャンメイク #女の子って本当にたのしい #アイシャドウ #アイカラー #パーフェクトスタイリストアイズ #レッド #ラメ #涙袋 #秋メイク #パーティメイク #プチプラ #madeinjapan #eyeshadow

CANMAKE TOKYO(キャンメイク)さん(@canmaketokyo)がシェアした投稿 –

 

 

アイシャドウの塗り方!初心者にも簡単でわかり易い動画

アイシャドウは、何色かセットになっていてどれをどう使えばいいか、わからなく、全部の色はなかなか使いこなせないですね。

また、単品でもどの色を購入すればいいかわからず悩みますよね。

キャンメイクのアイシャドウは、使い方を伝授した動画がたくさんアップされていますので、参考にしちゃいましょう!

 

 

 

なりたい目元を作ろう

憧れる目元ってありますか?なりたい顔の女優さんやタレントさんはいますか?さて、自分の鏡を見てどんな目元になりたいですか?

二重まぶたじゃない、なりたい目元じゃないって諦めていませんか?

自分の目元にあったアイシャドウを極めましょう。

憧れのタレントや女優さんの目元を参考にして自分の目元を作ってみましょう。

 

 

TPOにあった目元を作ろう

ライフスタイルにはいろんなシーンがあります。

オフィス、スクール、デートなどアイメイクの仕方も変わってきます。

オフィス、スクールなどはナチュラル系、デート、女子会、パーティーなどのイベントはちょっと気合を入れたアイメイクを施したいものですね。

自分の目元とTPOにあった目元をキャンメイクで醸しだしてみましょう。

 

 

パーフェクトアイが熱い

数ある人気のあるキャンメイクの中でもパーフェクトアイが人気のようです。コスパ効果、多様なシーン、発色の良さなどで堂々の首位を維持しています。

また付属のチップが良かったり、ミラーがついていたりするところも他のメーカーを抜きん出ている付属アイテムも人気のようです。

ドラッグストアなどでも人気の色は品薄状態の店が多いとの口コミも寄せられています。どうしてもゲットしたい色は、行きつけドラッグストアやネットなどの情報を入れておきましょう。

 

 

 

アイシャドウベースで保湿と持ちをよく

アイシャドウベースは、なかなか他のメーカーにはないアイシャドウベース。乾燥しがちな目元の保湿効果を持ちながらも、上に重ねるアイシャドウの発色をよくしてくれます。また、くすみをカバーしてくれるので、目のクマにひと塗りするとクマ防止になりますね。

 

 

 

まとめ

今回はキャンメイクのアイシャドウの塗り方についてお届けしましたが如何でしたでしょうか?

初心者にも簡単でわかり易い動画を参考にアイシャドウ塗り方のコツをつかんでくださいね!

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:キャンメイクおすすめチークとかわいい入れ方!小顔に見せる塗り方の動画

関連記事:キャンメイクのラメが可愛いおすすめネイルと簡単な塗り方の動画!

関連記事:キャンメイクのリップは人気色が豊富で可愛い!30代の忙しいママに!

キャンメイク関連の記事です。

 

コスパ効果が高いのに、ちょっと一味抜きん出ているキャンメイク。

首位を維持しているキャンメイクのアイシャドウでシーンにあった目力を醸し出しちゃいましょう!

 

 

 

 

Sponsored Link