天神祭2017大阪の日程はいつなのかチェックしておきたいですよね!

また、屋台種類で東京コロッケというものが何なのか?

味は美味しいのか等、いろいろ気になりますよね。

今回は天神祭2017大阪の日程と屋台の東京コロッケについてお届けします。

 

Sponsored Link
 

 

天神祭りとは!

大阪人にとっては真夏の一大イベントである「天神祭」。大阪が一年を通して一番暑い日ともいわれています。

東京の神田祭、京都の祇園祭と並ぶほどの規模で、日本三大祭りの一つと言われており、毎年130万人もの人が訪れる由緒ある大きな祭です。

同時に、愛染祭、住吉祭とともに大阪三大夏祭りの一つでもあるのです。

一般人も参加できるイベントとしては天神祭ギャルみこし、奉納花火など、見どころも沢山でかつ厳かな祭りとして定着しているのです。



天神祭2017大阪の日程はいつ?

2017年は、7月24日月曜日、25日火曜日の2日間。

大阪市の天満にある大阪天満宮の氏地を中心に、毎年、宵宮が7月24日、本宮が7月25日と古くから定められています。

祭り当日までには、天満宮を中心に様々な神事が行われます。祭りの中心は大阪天満宮で祀られている菅原道真公です。

学問の神様としても有名ですよね。

その道真公の御神霊に大阪の繁栄ぶりをご報告というか、ご覧いただいて、さらなる繁栄を祈願するために、氏地を巡行するのです。

この巡行で有名なのが、本宮の日に行われる陸渡御、船渡御。

大阪は水の都として名前が通っています。特に船渡御は千年以上も前に始まり、大阪とともにその古い歴史を歩んできました。

二日間のスケジュールはこんな感じで進められます。天満宮やその周辺では、衣装も含めて、歴史絵巻のような一幕が見られます。

■7月24日

4:00 一番太鼓
7:45 宵宮祭
8:30 鉾流行列参進
8:50 鉾流神事
11:00 行宮祭
11:30 山蔭流儀式庖丁奉納
12:00 天神講獅子 獅子舞
16:00 催太鼓氏地巡行
16:15 どんどこ船宮入 鉾流神鉾奉還
18:40 水上薪能
19:00 催太鼓宮入
19:30 獅子舞宮入

■7月25日

13:30 本宮祭
14:15 神霊移御
15:30 陸渡御列出発
17:30 船渡御列出発
18:00〜21:00 船渡御
19:30 船上祭
19:30〜20:50 奉納花火
21:00 催太鼓の宮入開始
22:00 還御祭

 

屋台はどんなものがあるの?東京コロッケの味は美味しいの

大阪のお祭りなどの屋台の事を、夜店(よみせ)と言います。哀愁のある呼び名だと思いませんか?

屋台、と言われるとラーメンの屋台を連想してしまいます。その、夜店の定番は、やはり粉もん文化の大阪です、

お好み焼き、タコ焼き、ベビーカステラ、たこせんべいなどが多いす。

昔ながらの飴細工や、トルネードというカバブも最近ではよく見ますね。

 

ちょっと聞きなれない「東京コロッケ」というものもあります。

大阪でも若い人は知らない人が多いかもしれないのが、「東京コロッケ」。

どんなものかというと、マッシュポテトを直径3センチぐらいのボールにしたものを油で揚げたものがザルに入っています。

その横に、パチンコの台があって、球を1球はじいて、入ったポケットに数が書いてあり、その数だけを長ーい竹串に刺して、コロッケのお団子みたいなものを作るんです。

そして、ウスターソースにどっぷりと浸ける。大阪名物の串カツの夜店バージョンですよ。もちろん、2度浸けはNG。もちろん美味しいです!

コロッケの数は自己申告です。

昔はおじさんが営業なさってたんですが、一時的に見なくなって、寂しい気分でした。でも、数年前に、天神祭りで見つけた時はテンション上がりましたよ。

年配の方は10本ぐらいテイクアウトしていました。後継者はけっこう若い男性でした。きっと一軒だけだと思います。

皆さん、東京コロッケ、見つけたら是非食べてくださいね。

 

 

天神祭りの食文化

聞くところによると、その昔、天満界隈の旧家では、天神祭の日は正月並みに豪勢な食卓を囲んでいたようです。

脂ののったハモ、明石産のタコ、白天やカイワレなど、旬な食材を並べて祝ったそうです。

今でも天満宮周辺の天神橋筋商店街でも、ハモの湯引きや甘辛い照り焼き、ハモ入りの白天、タコの酢の物など目にする機会が多くなるのも昔の名残でしょうか。

渡御列に参列する人たちが食べる縁起物が白蒸しです。もち米を蒸し、梅干しを乗せて竹皮で包んだ携帯食で、祭当日は境内でも販売されます。

歴史と同時に、現代の私たちはアジアを感じませんか?

 

天満宮周辺の天神橋筋商店街は日本一?

天神祭りとは直接は関係ないのですが、ロケーションについて少しお話しておきましょう。

門前町の天神橋筋商店街は、実は日本一長い商店街なのです。アーケードの目印は、人形浄瑠璃です。

遠くからでも良く見えてきれいなんですよ。

昔は、大阪の台所的存在だったのですが、時代は流れ、居酒屋や中華、寿司、カフェ、ファストフードに至るまで様々な飲食店が軒を連ねています。

祭りの期間中でも営業しています。暑いので、食事やコーヒーブレイクはクーラーの効いた涼しい店内で、も良いのでは?

歩いていると沢山店舗があるのでより取り見取りです。汗をかきすぎて、服を着替えたくなったらブティックやスーパーへ、

子供さんの靴が片方無くなっちゃっても、大丈夫。

至れり尽くせりの、日本一の商店街なのです。

Sponsored Link
 

まとめ

今回は、天神祭2017大阪の日程はいつなのか?屋台の東京コロッケとはについてお届けしました。

まとめると

■天神祭りとは!
⇒大阪人にとっては真夏の一大イベント

■天神祭2017大阪の日程はいつ?
⇒2017年は、7月24日月曜日、25日火曜日の2日間。

■屋台はどんなものがあるの?東京コロッケの味は美味しいの
⇒お好み焼き、タコ焼き、ベビーカステラ、たこせんべい等、東京コロッケも美味しい!

■天神祭りの食文化
⇒天満界隈の旧家では、天神祭の日は正月並みに豪勢な食卓を囲んでいたようです。

■天満宮周辺の天神橋筋商店街は日本一?
⇒至れり尽くせりの、日本一の商店街!

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:花火大会で浴衣以外の私服に可愛い簡単な髪型アレンジのおすすめは?

関連記事:花火大会でのママの服装!浴衣以外でかわいいワンピースコーデはこれ!

関連記事:夏祭りの子供の服装☆幼稚園や保育園での女の子の可愛い浴衣はコレ!

花火や祭りでの服装関連の記事です。

 

日本三大夏祭りの一つとして、古くから親しまれている天神祭りですが、水の都大阪らしいお祭りです。

街中が活気づき、みんな笑顔で、景気も良く。

食べ物以外の屋台では、ウナギ釣りなんかもありますよ。

うーん、どうしても大阪は食道楽になってしまうようですね。

 

 

 

Sponsored Link