破れた紙幣の交換方法は?

 

どこに持っていけばいいの?

 

郵便局はダメなの?

 

等々気になりますよね。。

 

 

普段あまり意識せずに使っているお札。

 

もし破れたらどうすればいいかご存知ですか?

 

今回はもしもの時のための、破れたお札についてのお話です。

 

 

Sponsored Link
 

 

 

破れた紙幣の交換方法は?どこに持っていけばいいの?郵便局はダメなの?

 

 

先日家の掃除をしていると少し切れ目のはいったお札を見つけました。

 

といっても五百円札。

 

価値があるものかと思い調べたのですが、期待はずれ・・・

 

ということで銀行の窓口に用事があったので、

 

ついでに一緒に500円に交換してもらうことにしました。

 

交換方法は両替表に記入するだけです。

 

そして、

 

破れたお札と一緒に窓口にだすとすぐに交換してくれます。

 

良かった、使えるお金になりました。

 

 

私は銀行で交換してもらいましたが、郵便局では交換できるのでしょうか?

 

気になったので調べてみました。

 

郵便局では両替は行っていないので交換はできない

 

ということです。

 

 

ちょっと納得いかないです。

 

というのも、銀行と同じようにATMもあることですし、

 

窓口でお金を預かったり、通帳もつくっているわけですよね。

 

 

それなのになんでかなーと思ってしまうところですが、

 

銀行と決まっている以上納得するしかないですよね。。

 

 

でもでも、郵便局に用事があったので、ダメ元で聞いてみました!

 

しかし。。銀行にいってください!

 

って、あっさり言われちゃいました。。

 

 

 

ところで破れたお札ってどこまで交換が可能なのかということですが、

 

交換基準が決まっているようですね。

 

 

基準は以下です。

 

・面積3分の2以上は全額交換できます。

 

・面積5分の2以上3分の2未満は半額交換になります。

 

・面積5分の2未満は交換不可になります。

 

 

さらに詳細基準はこちらで確認できます。

 

日本銀行

 

 

 

ここまでは破れてしまったときのお話ですが他にもパターンがあります。

 

 

 

 

 

破れるよりひどいことになっちゃったら??諦めなきゃいけないの?

 

くしゃくしゃになってしまった場合は銀行で交換できます。

 

ボロボロになってしまった場合は金融機関から

 

日本銀行に鑑定という形で送られるそうです。

 

手数料はかかりませんが、身分証明書が必要になるそうです。

 

そして鑑定までは2~3週間かかるとか。

 

結構時間かかるんですね・・・。

 

大事なお金ですからね、諦めるなんて辛すぎますよね。

 

 

例えばシュレッダーにかけてしまった場合や燃えてしまった、

 

溶けてしまったなども日本銀行に相談すると対応してくれます。

 

 

破れていてもお金はお金。

 

お店で使おうとする方もいますよね。

 

破れの酷くないものでしたら可能ですが、真っ二つになりそうなお札などは、

 

できるだけ使わないように心がけましょう。

 

 

近年、レジはお札を機械に吸い込ませているので詰まる可能性があります。

 

お買い物で遣う際はレジのスタッフに一言聞いてみた方が良さそうですね。

 

お札は破かないのが一番ですね!

 

 

Sponsored Link
 

 

 

まとめ

今回は『破れた紙幣の交換方法は?どこに持っていけばいいの?郵便局はダメなの?』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■破れた紙幣の交換方法は?どこに持っていけばいいの?郵便局はダメなの?

⇒破れた紙幣は郵便局では交換不可、銀行で交換可能。

 

■破れるよりひどいことになっちゃったら??諦めなきゃいけないの?

⇒ボロボロになった場合は日本銀行で鑑定をしてもらえるが時間がかかる。

 

 

大切なお金ですので、いろいろと救済措置があるんですね。

 

気を付けていても破いたりしてしまうこと、あるかもしれません。

 

そんな時はまずは銀行にいってみましょう!

 

 

 

こちらもどうぞ!  
 

  ↑  ↑  ↑  
 
ドラマやイケメン!  
 
美容やオシャレにダイエット!  
 
福袋やお買い物お得情報!  
 
さらに在宅で稼ぐ!等々  
 
普段の生活にちょっとしたときめき情報満載!  
 
是非、覗いて行ってくださいね!  
 
 
 
 
 
Sponsored Link