郵便局の局留め受け取り方法って印鑑や身分証明書は必要なのか?

代理人でもいいのか等々気になりますよね!

また、宅配便のドライバーさん不足のニュース、最近よく見ませんか?

ドライバーさんの負担を増やしているのが、不在による「再配達」。

今回は、なるべく再配達にしない方法として、郵便局の局留めについてお伝えしたいと思います。

 

Sponsored Link
 

 

荷物の再配達、心苦しくないですか?郵便局の局留め活用!

突然ですが皆さん、郵便物はどちらで受け取りますか?

こんな質問もおかしいのですが、ほとんどの方は自宅で受け取ると思います。

不在の場合はポストに不在通知が入っていることもありますよね。

 

郵便局には局留めというものがあります。

聞いたことはあるでしょうか?

 

郵便物が自宅に届くまでに、道路の混み具合や再配達などの都合により遅れることもあります。

配達が無いことにより、直接郵便局の窓口に取りに行くことができ早く確実に受け取ることができます。

 

急ぎの方はこの方法が良いですよね。

 

 

局留め受け取り方法☆印鑑や身分証明書は必要?代理人でもいいの?

書き方

宛先(受取人)住所の代わりに郵便局の郵便番号、住所、◯◯郵便局留め、名前(本名)

難しく考える必要はありません。

申し込みなどの手続きは一切無しですので、ふつうの郵便物と同じでポストや窓口に出すことができます。

局名を指定しなかったときの場合ですが、自動的に自宅付近の郵便局に留め置きされるのと、自宅に通知が届いてしまうということですので注意が必要です。

 

保管期間

10日間ということです。10日過ぎても受けとりがない場合は差出人に返送されるということです。

 

受け取り方法

局留めでの受け取りは身分証明が必要です。

免許証など提示してください。

受取人の名前と郵便物の種類をお伝えして下さい。

印鑑は不要でフルネームのサインでOK。

 

代理での受け取りも可能ですが、住所が同一の家族であれば身分証明書のみ、別居の方は、委任状の提示の他に代理人の身分証明書も必要となります。

 

さらに詳細を知りたい場合はこちらが便利です。

郵便局お客様サービス相談センター

 

土日の受け取りはできるの?

土日は窓口がお休みの所が多いので受け取ることはできませんが、ゆうゆう窓口や時間外窓口からですと受け取りが可能です。

開いているところであれば支店窓口で受け取ることができます。

 

支店窓口のついてはこちらをご参考ください。

 

郵便物局留めのメリット

郵便物局留めのメリットとしては、

・自分の都合が良いときに受け取りにいくことができる。

・住所を秘密にすることができること。

・家族にみられることを避けられる。

・旅行先や出張先でも受け取ることができる

等ということです。

 

これは嬉しいサービスですね。

追跡サービスがあるものですと自分で到着の確認することができます。

私ごとですが、過去に1度郵便局の窓口で受け取りをしたことがあります。

 

よく不在にしていることが多く、ポストに不在通知があることが多いです。

こんな人は郵便物は局留めにしたほうが、ドライバーさんにご迷惑をかけなくて済むのかなと思いました。

 

 

郵便局特集

 

 

まとめ

今回は、郵便局の局留め受け取り方法!印鑑や身分証明書は必要なのか?代理人でのいいのか?についてお届けしました。

 

まとめます。

■荷物の再配達、心苦しくないですか?郵便局の局留め活用!
⇛郵便物局留めは直接窓口に受け取ることができるので便利!

■局留め受け取り方法☆印鑑や身分証明書は必要?代理人でもいいの?
⇛住所は郵便局宛に!保管は10日。代理の受け取りもOK!身分証明書をお忘れなく♪

 

☆★こちらもどうぞ★☆

関連記事:土曜日や日曜祝日でも郵便局の窓口から振り込みできる?入金はいつ反映?

関連記事:ゆうパックの値上げはいつから?郵便局の料金表と計算のやり方はどこ?

関連記事:切手をセロテープで貼るのはNGなのは何故?少しだけでもだめなの?

郵便局関連の記事です。

 

局留めの一番のメリットは、荷物が届くのをじっと待っていなくてもOKなこと。

自分のペースで荷物を受け取れるのがいいですよね。

ぜひ便利な局留めを試してみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link