郵貯での引き出し限度額っていくらまでなの?

 

窓口とATMで限度額はちがうの?

 

普段は気にならないですが、いざという時のために知っておきたいですよね。

 

 

あなたは、ゆうちょ銀行使っていますか?

 

全国どこにでもある郵便局で取り扱いがあるゆうちょ銀行は使い勝手がいいですよね。

 

今回は、ゆうちょ銀行の引き出し額の限度ついて調べてみました!

 

 

Sponsored Link
 

 

 

郵貯での引き出し限度額っていくらまで?窓口とATMでちがうの?

 

ゆうちょ銀行ですが、ほとんどの方が利用していると思いますが、何気なく利用しているATMですが、1日の限度額はご存じでしょうか?

 

ATMですと1日50万円が限度額になっています。

 

1日にそんなにおろすことは滅多にないと思いますが、もし必要になってしまったときの為に覚えておくと良いですね。

 

 

それでは50万円以上必要になった場合はどうしたら良いのでしょうか?

 

必要な持ち物がありますが、窓口で手続きすることができます。

 

 

 

窓口では必ず本人様確認をされます。

 

免許証や保険証などは常に持参しておきましょう。

 

通帳とお届け印、これは絶対なければなりません。

 

 

これはちょっとした恥ずかしい話ですが、先日とある用事で郵便局の窓口に向かいました。

 

しかし、お届け印がわからなくなってしまい、思い当たる2つを持っていき確認していただいたことがあります。

 

 

こんな時、郵便局が近ければ良いですけど、遠くから来たときはショックですよね。

 

良く確認をして間違いの無いようにしましょう。

 

 

窓口では必ず払込請求書といったものを記入します。(日付、名前、必要な金額)

 

金額が大きい場合は時間がかかってしまうことが多いので、あらかじめ電話をしておくことも大切です。

 

 

Sponsored Link
 

 

 

ATMの引き出し限度額、設定変更もできます

 

ATMは近年オレオレ詐欺などの被害が多発しており、そのため1日の限度額が低く設定されています。

 

ずばりATMでの引き出し限度額は1日50万円です。

 

とはいえ50万円も結構な金額ですけどね・・・。

 

 

頻繁に高額をおろす可能性がある場合はATM引き出し上限額を設定変更ができるということです。

 

50万円というのは、引き出しだけでなく送金、振込、各種サービス(払込用紙)デビットカードでの支払い等が含まれます。

 

 

設定の変更後なのですが、

 

通帳や磁気ストライプカード、ICキャッシュカードに

 

生体認証未設定の場合は200万円。

 

生体認証対応ATMの場合は1000万円が上限

 

になるということです。

 

詳細

ゆうちょ銀行

 

 

窓口の場合は上限は決まっていないそうですが、金額が多額な場合はすぐに用意することが難しい場合があります。

 

200万以上の大口になる場合は利用目的を聞かれる場合も多いです。

 

引き出すお客様側としては不快になる事もありますよね。

 

悪いことをしているわけではないですから。

 

これも詐欺などの防犯対策為と思えば怒りも治まるのではないでしょうか。

 

 

限度額を上げるということは悪用されたときは本当に恐ろしいですよね。

 

しかし、1日に大きなお金を動かしている方にとっては不便なところですね。

 

 

 

郵便局特集

郵便局特集まとめ一覧☆夜間窓口や局留め受け取り方法と値上げ情報等

 

 

 

まとめ

今回は『郵貯での引き出し限度額っていくらまで?窓口とATMでちがうの?』についてお届けしました。

 

まとめます。

 

■郵貯での引き出し限度額っていくらまで?窓口とATMでちがうの?

⇒ATMでの上限は50万円。それ以上は窓口で手続きを!

 

■ATMの引き出し限度額、設定変更もできます

⇒窓口で手続きすると変更可。

 

 

便利なATMでの現金の引き出し。

 

急な出費で大きな金額の引き出しが必要になることもありますよね。

 

お仕事などで必要な方は、窓口で上限の引き上げをしてもいいかもしれません!

 

ご自身のライフスタイルに合わせて、便利に利用しましょう♪

 

 

 

Sponsored Link